Adel Mamish

更新日:10月6日

この6年間で一度も奥さんから売上のことを言われたことはありません。

『何があっても隣にいますから』

僕をずっと支えて信じてくれています。


デジタル担当の稲富くんからも一度もお金のことを言われたことはありません。

彼とは同じ高校、同じクラス、そして一緒にバンドをやっていた戦友です。

彼も『絶対成功するよ』と僕を信じてくれています。


カメラマンの鈴人さんとフォトスタジオのオーナーのyasuさんも僕等Adelで絶対に世界の天辺まで行くと。

彼らからもお金の事は何も。

むしろ愛知での撮影のために僕の宿泊費と交通費を払おうとしてくれました。

↑仲間ですのでお金ではなくそのお気持ちだけ頂きました。

ホント、ありがとね!


売上がどうのこうの、販売ターゲットがどうのこうの、何足売れたか。

Adelのメンバーは誰一人僕にそんなこと聞いてきません。


ハッキリ言います。

僕はそんなの1ミリも興味ないです。


【ビジネスとして成り立たないよ】

【生活はどうするの】


うるせぇよ。

何度も言いますが、Adelは僕の人生です。


奥さんはAdelのCOOでありチーフデザイナーです。

僕は【俺の女は世界一の女】と言う事を証明するだけの為にAdelを作りました。

そう、Adelは僕の人生でありジャンルはラブストーリーです。


そして各々がビジネスマンではなくアーティストなんです。

僕は全てを失っても、クズに成り下がっても、自分の欲望を証明するだけです。


これがAdel Mamishです。





閲覧数:153回0件のコメント

最新記事

すべて表示

幻聴?

ベルリン